【参加レビュー】ぷよ主義11 in 川口

皆様、こんばんは。
ユウトです。

今回は、9月16日(日)に開催された、SDF主催「ぷよ主義11」のイベントレポートをお伝えします。
色々と時間が経った中でのレポートになりますが、楽しんでいただければ幸いです。

ぷよニュースにてその模様を掲載させて頂く際、当時の模様を撮影した写真をSDF主催の前川様より許可を頂きました。
快く承諾して頂き、誠にありがとうございます。

なお、当記事に記載しているメディアに関し、それらを勝手に流用して、まとめサイトや他のブログ等に掲載することを禁止します。
発覚した場合、然るべき手続きを踏ませて頂く可能性がありますので、何卒ご了承頂ますようお願いします。

今回の開催場所は、埼玉県の川口。赤羽のお隣です。
その先の蕨におじゃましたことはありましたが、ここで降りるのは初めて。
改札外のおにぎり屋で味噌汁を啜ったあと、会場のフレンディアへ向かいます。
こういうイベントはぷよ主義7から参加し続けている身ですが、やっぱりこういうときのドキドキ感は慣れないもんです。

 
時間は10時前だったので、最前列に陣取ることが出来るかなと思ったのですが、もう既に長蛇の列で後ろに付くことに。
今回のカタログ販売は、カタログの他にメガネ拭きも販売されていました。


今回の会場はかなり広く、結構ゆとりがあります。
軍資金は2万円。全部500円玉に変えて、右のポケットに突っ込み、カタログの会場図を見て、経路を引いて、立ち寄るサークルをピックアップをして・・・。
いざ・・・出陣!!

ガチャーン

ああああ!!有ろう事か初っ端から軍資金を落としてぶちまけてしまうとは!!
端サークルの人と売り子さんに拾ってしまう始末。失礼しました。
ちなみに、この出来事を野球好きでクイズ好きのぷよらーに話したら「熱盛してんじゃねぇよ!!」ってツッコまれる。
なんでやねん。

とりあえず、そんなに使わないだろうと思っていたのですが、終わってみればきれいに軍資金が空になりました。
次あたりは3万円用意したほうがいいのかもしれない。あと、大きめのバッグも。


狙い目のものが全て手に入ったところで、ぷよ大会のエントリー受付が始まりました。
ぷよ大会は会場入口の細長い通路に設けられており、かなり狭いところでした。
フリー部門にエントリーを済ませると、対戦会でよく会う方々と談話をしたり、フリープレイで今日の調子を試したりしました。
環境としては、デカ画面のメイン台が激しいラグを起こしており、皆さん苦戦していました。

そして居ました、ぷよ界に名を馳せるプロの方々。
今回は、へーょまはプロ・めいせつプロ・飛車ちゅうプロ(登録名:ちゃりんこあらグリーン)のビッグ3が参戦。
頂点を目指す参加者にとっては、かならず立ちはだかるであろう壁です。


エントリーが終わり、トーナメントが張り出されます。
見ると、今回はシード扱い。お、これは幸先良いかもしれません。
そして、私の出番が回ってきました。さぁ、初戦の相手は・・・。

「えー、次の対戦は、ユウト選手対ちゃりんこあらグリーン選手、お願いします。」

プロやんけ。
しかも飛車ちゅうやんけ。(心の声)

まさかのビッグ3の一角、しかも飛車ちゅうプロといきなり戦うって、これなんの罰ゲームですか?
あたってしまったのだからもうしょうがないので、相手の手順を丸パクリという奇襲に打って出ようかと思いましたが、結局普通に戦いました。
結果は90秒も持たず。無理ゲー。

何か、私は良くヤバイ人と一発目で当たる確率が高いので、呪われているんでしょうかね。

ちなみに、その当たる人の半数が優勝とか準優勝とか多い気がしてならないので、踏み台扱いになっている気もしなくはない。
気のせいだと良いのですがね。

決勝は、飛車ちゅうプロ(今年度ぷよコネ大会覇者)vsラネアコール先生さん(昨年度ぷよ主義大会覇者)という、片や二冠をかけて・片や連覇をかけてという好カードになりました。
勝負は飛車ちゅうプロがストレートで勝利を収め、ぷよコネ大会との二冠を達成しました。
やっぱ私は踏み台ってか、チクショウ。

その後、即売会の会場に再び移動して、じゃんけん大会という名の大スクワット大会が始まりました。
前に居る親役に勝った人だけ立ち続けることが出来、負ければ座るという、文字通りのスクワット運動を果てしなく繰り返します。
今回の景品は約190!!
って多すぎ。
全部処理できるんですか。

景品は様々で、色紙やグッズ、サークルののぼりやりすくまクッションなど多岐にわたりました。
中には年齢制限のある景品まで。(後に聞いた話では、全年齢として受理されたものがR-18として扱われたみたいです・・・。)

そしてぷよ主義には、ぷよコネ共々受け継がれている伝説のブツが今回も降臨されました。
伝説のアレとまで形容されている「アメ」。何でもコレは「受け継がれていく度に増えていく」や「受け継いだ人は次の大会で上位に行ける」とか、都市伝説なのかどうなのかの噂も。
ちなみに今回は、提出主から色紙のおまけつきでした。(色紙は受け継がないでという条件付き)

ただいつもは、最後の最後にイベントポスターをかけた最終決戦とかあるのですが、景品を全て捌いた時に完全撤収2分前というオチでお蔵入りとなりました。
果たして日の目を見るのは何時になるのでしょうか。


ちなみに私は1つ取ることができました。(上の画像のエコロ色紙)


あと、サークルさんにお願いして、2つほどしたためて貰いました。
片やおまかせ、片や性癖全開。後者はニヤニヤしていたのは間違いないです。

その後はアフターでお酒を飲みつつ、ガチのじゃんけん攻略や藤江杯の告知が行われていました。
私はお隣の人にツボを押されて発狂ながら悶てました。メチャメチャ痛い。
そんでもって多分今まで一番多く飲んだ日かもしれない。(ビールとカシオレだけなんですけど)

そんなこんなでやや駆け足気味になりますが、今回も非常に楽しいイベントを過ごすことができました。
ちなみに、次回のぷよコネも来年の4月に開催されることが決定しております。
また軍資金を貯める生活に逆戻りしつつ、今後もこういったイベントや競技系の大会にも参加して、色々とレポートしていきたいと考えております。

それでは皆さん、また。

Special Thanks

SDF主催 前川様
 →今回のレポート作成に関してメディア撮影の許可をしてくださいました

ぷよ主義11イベントスタッフ たけるん様
 →前川様との連絡に中継役としてご協力してくださいました

サークルとっとーと代表 Mr.スイルさん
 →落としてぶちまけた軍資金の回収にご協力してくださいました(ゴメンナサイ)

サークル肉焼丼代表 肉焼くろこげさん
 →同じく落としてぶちまけた軍資金の回収にご協力してくださいました(ほんとゴメンナサイ)

色紙提供 ぬえぴーさん・レンコンセァン・みつるさん

その他イベント参加者の方々

ぷよ大会を盛り上げた猛者の方々

コスプレイヤーの方々

yuto_puyo24一般ライター

投稿者プロフィール

ぷよぷよのアルル中毒患者。少しでもぷよぷよのことを伝えられたらいいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ぷよニュースの母体、ぷよ普及研究会の前身である「右脳式ぷよぷよルーム」(現在は活動停止)にて掲載され…

ぷよぷよ新着情報


新着記事

2020/3/20(金) カーニバル対戦会 会記

阿佐ヶ谷サタン、ときつ、ことみ、ストーム、しぐ ぼんた、たむ?、ぱたも 食事会はバーガーキングでした。 最新の対戦会情報はTwitter@carnival_puyoとHPをご覧ください。 新宿カーニバル対戦会のご紹介
コメントなし

2020/3/13(金) カーニバル対戦会 会記

ムネ、あおちん、しぐ、山田、ことみ、たむ?、ぱたも ぼんた、睦、いぇば、ときつ、jusensha、マムル13 食事会は卯作でした。 最新の対戦会情報はTwitter@carnival_puyoとHPをご覧ください。 新宿 […]
コメントなし

思考回路の離陸を自覚するとき

拡散へのスタンスが変わりました。 アンデッドキャラの生前を例にとると。 before: わからぬ……生前のユウちゃん考えてる事が微塵も特定できぬ……やめた!内面はギブアップ!令嬢って事にして既存キャラの美化イメージ借りる […]
コメントなし

生態系に食獣植物を入れたらマガスマガシになった

生態系に食獣性の植物を入れて物語を書いてました。 とくに食獣植物と植物の関係が面白いことに。 動物は食獣植物を使って増えることができないものの、植物は食獣植物に種子を飲み込ませて運ばせることができます。 ということは、人 […]
コメントなし

2020/3/6(金) カーニバル対戦会 会記

ムネ、わいる、ぼんた、ことみ、たむ?、ぱたも、えちご、ときつ 山田、マムル13 食事会ははつもみじでした。 最新の対戦会情報はTwitter@carnival_puyoとHPをご覧ください。 新宿カーニバル対戦会のご紹介
コメントなし

ぷよ普及研究会

ぷよぷよグッズをひたすら紹介するブログです。
 日本各地のぷよイベント日程を掲載しています。
 ぷよ普及研究会の前身です。

リンク





おすすめ記事

ページ上部へ戻る