レッスン03:ルール・システム基礎

ぷよニュースの母体、ぷよ普及研究会の前身である「右脳式ぷよぷよルーム」(現在は活動停止)にて掲載されていた内容を見やすく編集しなおし、再掲載いたします。

オリジナルはこちらから閲覧できます


対戦ルール・各種モード

組ぷよ操作の説明を行う前に、対戦ルール・各種モードに関してのルール・システム情報を最低限理解しているか考えて下さい。

「ぷよぷよ」には各種のルール・システムが存在しますが、それらをある程度は理解しておかなければ上達に支障が出てきます。
同じジャンル(広義パズル)である将棋だけでなく、野球等のスポーツでもルール・システムを知らずして短期間での上達は困難です。
次のステップに行く前に、次の質問に迷わず答えられるか確認してみてください。
もちろん、自分がメインでプレイする作品に関して回答できればOKです。

以下質問の回答は、「ぷよぷよクロニクル」の「ぷよぷよ通」及び「ぷよぷよフィーバー」ルールとなります。

  • Q1:画面上可視のフィールドは横何列、縦何段でしょうか。また、画面外に設置可能な場所はどこでしょうか。
    回答
    フィールドは横6列・縦12段です。フィールド上に、1段の設置可能フィールド(13段目)
    補足ですが、ぷよぷよ通は14段目がまわしスペース、ぷよぷよフィーバーは14・15段目がまわしスペース
  • Q2:窒息位置と呼ばれる場所は、どこでしょうか。
    回答
    ぷよぷよ通は左3列目、ぷよぷよフィーバーは3・4列目。どちらも下から12段目
  • Q3:組ぷよは、何個で構成されていますか。また色や個数の種類の違いは知っていますか。
    回答
    ぷよぷよ通は2つ一組のみ、ぷよぷよフィーバーはその他に3つ一組(縦・横)や4つ一組(1色・2色)がある。
    多くの対戦では4色が基本、ぷよぷよ通は出現色がランダムだが、ぷよぷよフィーバーでは赤緑青黄となる。
  • Q4:色ぷよは何個以上集まると消えるでしょうか。
    回答
    同色4つ以上が、縦横につながっていれば消えます。
  • Q5:おじゃまぷよの消える条件を理解していますか。ちょっとだけ意地悪な質問ですが、おじゃまぷよ(固ぷよ)を一回で消すための条件は何でしょうか。
    回答
    通常のおじゃまぷよは、上下左右の色ぷよの消去に伴い消えます。おじゃまぷよ(固ぷよ)一発消しは、上下左右の2面以上の隣接色ぷよの消去に伴い消えます。
  • Q6:おじゃまぷよの量に依存するパラメータとして、連鎖ボーナス・連結ボーナス・複色ボーナスがありますが違いは分かりますか。
    回答
    連鎖ボーナス:連鎖するごとに増えていく得点。
    連結ボーナス:5個以上同色ぷよを消した際に発生する得点。
    複色ボーナス:同時に複数の色ぷよの集まりを消した際に発生する得点。
    得点源のメインは「連鎖ボーナス」。ぷよぷよフィーバーでは、キャラ毎に異なり、通常モードとフィーバーモードでも異なる。
  • Q7:3列目(+4列目)から落下してくる組ぷよの軸ぷよの位置はどこでしょうか。
    回答
    2つ一組は下の色ぷよ。3つ一組は、左下の色ぷよ4つ一組には軸ぷよはない。
  • Q8:接地・設置・ちぎりを知っていますか。
    回答
    接地:組ぷよが設置済みのぷよもしくは下壁に触れること。
    設置:接地した組ぷよが操作不能となり、構成する色ぷよが動かなくなること。場合により色ぷよは発火する。。
    ちぎり:組ぷよが操作不能となった際に、下に開き空間のあるほうの色ぷよが分離すること。分離した色ぷよは落下して設置状態となる。
  • Q9:組ぷよを高い位置に移動させることが可能な条件は何でしょうか。
    回答
    2つ一組・3つ一組の組ぷよで、隣接する列との段差が1段の場合。従属ぷよの回転により軸ぷよを浮かすことにより高い位置への移動が可能となる。4つ一組の組ぷよは高い位置への移動はできない。
  • Q10:ネクスト・ネクネクを説明してください。
    回答
    自フィールドの左上部に表示される、次の組ぷよ・さらに次の組ぷよ。
    補足ですが、対戦両者の出現色数が同じ場合には、同系列(ぷよぷよ通では完全に一致)の組ぷよが出てくる配色法則と呼ばれるルールが存在する。
  • Q11:予告ぷよとは何か。
    回答
    攻撃により生じた得点に応じて発生する、攻撃相手フィールド上に表示されるぷよで、落下する直前のおじゃまぷよの量を示す。
    消去・連鎖→得点→予告ぷよ→おじゃまぷよ
  • Q12:予告ぷよが2段(前後)に表示された場合、それぞれ何を示すか。
    回答
    フィーバーモードで2段表示となり、通常モードから持ち越した予告ぷよが上段(後ろ)、フィーバーモード中に受けた攻撃による予告ぷよが下段(前)に表示される。
    なお、相殺は下段から行われる。
  • Q13:相殺・相殺時おじゃまぷよ落下保留とは何か。
    回答
    相殺:相手からの攻撃で発生する予告ぷよを自分の攻撃によって減らすこと。
    相殺時おじゃまぷよ落下保留:相殺を行った直後、再度組ぷよが出てくること。
    ぷよぷよ通には相殺おじゃまぷよ落下保留がないので、相殺しきれない場合はおじゃまぷよが降ってくるが、ぷよぷよフィーバーでは、組ぷよが降ってくる。
  • Q14:クイックターンとは何か。
    回答
    2つ一組の組ぷよのが両サイドを設置済みぷよや壁に挟まれている状態で、上下のぷよの回転を可能にする操作。
    回転ボタンを2回(それぞれ任意)押せば2回目にでクイックターンとなる。
  • Q15:全消しの効果は何か。
    回答
    ぷよぷよ通の場合:次回のぷよの消去時におじゃまぷよ30個分の得点が付加される。
    ぷよぷよフィーバー通常モードの場合:4連鎖の連鎖のタネが落下してくる。
    ぷよぷよフィーバーフィーバーモードの場合:次回連鎖のタネが余分に2連鎖分増える。
  • Q16:フィーバーモード移行の条件は何か。
    回答
    フィーバーゲージのフィーバーカウントが7つ溜まる。
  • Q17:最初のフィーバー時に通常何連鎖の連鎖のタネが落下してくるか。
    回答
    5連鎖の連鎖のタネが落下。
    補足ですが、全消しを伴いフィーバーモードになった場合は、更に2連鎖追加され7連鎖の連鎖のタネが降ってきます。
  • Q18:5連鎖の連鎖のタネを即発火して5連鎖で消去し、全消しとならなかった場合、次は何連鎖のタネが降ってくるか。
    回答
    6連鎖の連鎖のタネが降ってくる。

どうでしたか、当たり前のものもあれば多少確認要のものもあったかもしれません。
しかしながら、将棋で言うところの「駒の動かし方」「二歩」「千日手」ぐらいのルール説明だと思ってください。

上記にも少し触れましたが、作品・対戦ルール・モードにより回答が条件がついたり異なったりします。
ただし、初心者としては、上記の回答ぐらいの理解で十分です。

ことみぷよニュースマネージャー

投稿者プロフィール

ぷよニュースのサイト構成全体を担当しています。

ぷよの実力はたいしたことありません。初級以上中級未満です。

カーニバル対戦会にはだいたい毎週います。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ぷよぷよ初心者と初級者の間のクリッターと申します。ぷよぷよ歴は1年半です。自分は旭川に居ますが、初級…

ぷよぷよ新着情報


新着記事

手順考察(初手2手固定手順)

ときつの手順忘備録。 手順考察の記録がほしかった。 あえてぷよきゃんではなくこちらに投稿してみる。 初手2手固定手順 AAAA 全消しをとる。 3手目もAAの場合は、少しだけディレイをかけて4手目を確認、4手目もAAの場 […]
コメントなし

2020/3/20(金) カーニバル対戦会 会記

阿佐ヶ谷サタン、ときつ、ことみ、ストーム、しぐ ぼんた、たむ?、ぱたも 食事会はバーガーキングでした。 最新の対戦会情報はTwitter@carnival_puyoとHPをご覧ください。 新宿カーニバル対戦会のご紹介
コメントなし

2020/3/13(金) カーニバル対戦会 会記

ムネ、あおちん、しぐ、山田、ことみ、たむ?、ぱたも ぼんた、睦、いぇば、ときつ、jusensha、マムル13 食事会は卯作でした。 最新の対戦会情報はTwitter@carnival_puyoとHPをご覧ください。 新宿 […]
コメントなし

思考回路の離陸を自覚するとき

拡散へのスタンスが変わりました。 アンデッドキャラの生前を例にとると。 before: わからぬ……生前のユウちゃん考えてる事が微塵も特定できぬ……やめた!内面はギブアップ!令嬢って事にして既存キャラの美化イメージ借りる […]
コメントなし

生態系に食獣植物を入れたらマガスマガシになった

生態系に食獣性の植物を入れて物語を書いてました。 とくに食獣植物と植物の関係が面白いことに。 動物は食獣植物を使って増えることができないものの、植物は食獣植物に種子を飲み込ませて運ばせることができます。 ということは、人 […]
コメントなし

ぷよ普及研究会

ぷよぷよグッズをひたすら紹介するブログです。
 日本各地のぷよイベント日程を掲載しています。
 ぷよ普及研究会の前身です。

リンク





おすすめ記事

ページ上部へ戻る