カテゴリー別アーカイブ: セガのぷよグッズ

ぷよぷよソックス

IMG_1526

http://puyo.sega.jp/portal/goods/20170710_001380/
先月発売になった靴下です。
全4種類。
まだ新品が手に入ります。
珍しくフィーバーの柄があります。

あまり色んな所で売っているわけではないようです。
秋葉原だと宝田無線電気で買えます。

IMG_1395
ここの!左下の!

IMG_1395a
ここ!

アルル プレミアムフィギュア

IMG_2307

IMG_2304

IMG_2305

IMG_2310

2016年末に出たプライズ品です。
自然光で撮ろうと思いつつモタモタしていたら日が暮れたので蛍光灯と携帯のLEDで撮りました。
4枚目の写真でカーバンクルの顔に影ができないように撮るのが難しかったです。
でかい、安い、かわいい。
ただし人によっては1個5000円以上かかってしまったとか、もう金額を数えてない、などという話を聞きました。
プライズ怖いです。
2017年3月の段階ではまだ入手できます。

がま口ポーチ

IMG_1931

2016年のゲームショウで発売されたお財布です。
ぷよぷよカフェの物販にも並びましたが、早いうちに売り切れていました。
2017年2月現在は通販だと新品が手に入るようです。
お値段1200円。
肉厚で内容量は少なめです。
右にはタグがちょろっと出ています。
アーケードぷよをやるときの小銭入れにしている方を見かけました。
連戦のお供にいかがでしょうか。

ぷよぷよ ダイカットパスケース

02271CCD9BE849EFA4D5EC0967104657

F7F19F872A1643C892ECADC7B7365B26

2016年の東京ゲームショウで発売されたパスケースです。
コンパイル時代にもカーバンクルのパスケースが出ていましたが、こちらはセガぷよ版です。
パステルカラーのみどりぷよと、その上で寝ているカーくんが可愛いです。
Amazonで普通に買えましたが、人気商品であるせいか最近はずっと売り切れています。
可愛いから当然でしょうか。
サイズはパスケースにしては少し大きいですが、可愛いから許されます。
学園祭用に計5個、私と先輩の家にストックしてありますので、九大祭に行けば無料で手に入るかもしれません。
こんなに可愛いものが。1つ800円もするのに、なぜ無料でプレゼントしようと思えるのか。
それはやはり、「可愛い」をみんなで分け合いたいからなのでしょう。
可愛いは正義!

(今回の投稿はマリモさんに書いていただきました。ありがとうございます!)

ぷよぷよクロニクル体験版感想

img_1933
カニ歩きのカーバンコーさん。

ブログモチベ低すぎて放置してました。
ぷよにくる感想も書こうと思ってから一週間経ってました。
アクセス少ないもん仕方ないね。

ゲームショウで体験版をやってきました。
プレイ時間は15分です。
twitterでセリフを読んでいると最後まで行けないというツイートをみかけたので駆け足で進みました。
そのため焦ってしまってストーリーはしっかり読めませんでした。
ひとまず言えることは、愛し合えていませんでした。
美少女コンテストできていませんでした。

マップは細山田Pがステージで言っていたとおり狭くしてあって、町に入ったら道は塞がれ建物には鍵が掛かっていました。
マップを歩き回るときはだいたいプロモーション映像通りだったんですが、Bを押しながら走ろうとしたらアルルがのろのろ歩きだしてBを離したら走り出しました。
Bダッシュの逆でした。
戦闘はぷよBOXの様にエンカウントするとぷよぷよで対戦します。
ただし敵キャラマップ上に表示されていて強制的にエンカウントにはなりません。

対戦は最初から連鎖のタネが置いてあります。
フィーバーの要領で伸ばそうとすると、たまにおじゃまぷよが3個降ってきてかなり伸ばしにくく感じました。
連鎖をすると相手キャラにダメージが与えられます。
アルルが2レベルのとき12連鎖したときと、3レベルで11連鎖したときのダメージはだいたい同じでした。
レベルを上げれば連鎖を組まずにクリアできるようです。
スキルは時間がなくて使えませんでしたが、使うと連鎖が破壊されるそうです。
お約束ですね。

対戦をする人なら絶対気になる「初手全消し戦でおじゃまぷよが降ったり降らなかったりする現象」について。
あれは落下ボーナスが「ぷよを高速落下させたとき」ではなく「下ボタンが押されたとき」になっているのが原因です。
地上で下を押しながらぐるぐるカサカサやってみましたが、落下ボーナスは入りませんでした。
ということで全消し戦でぷよテトのようおにカサカサする必要はありません。

もう一点、壁越えについて。
例えば対戦画面のフィールドの2列目にぷよが12個積み上がっていた場合、足場を作って昇竜ぷよをやるか井戸のように4列目にも壁を作ってクイックターンで1列目にぷよを置ける環境が多いです。
しかし、ぷよぷよクロニクルでは足場や井戸を作らず壁を越えられました。
これを知らない人が見ると「なんだこれは!?そんなことできていいのか」となる反面、回しという操作に特別な技術を必要としなくなり初心者に優しいというメリットがあります。

最後にぷよぷよクロニクルのパッケージについて。
ぷよぷよクロニクルのパッケージは4種類あります。
・通常版
・アニバーサリーボックス
・DXパック
・アニバーサリーボックス且つDXパック
アニバーサリーの方はCD付き、DXの方はグッズ付きです。
このうち、DXパックはちっともプロモーションが行われていません。
なんでだろうね。

img_1934

img_1935

img_1937

ぷよぷよ!!たいけんばん

DSCF6798

DSCF6803

3DSの体験版というとネット配信ですが、DS版20thのときはこのようなDSソフトを配布する形をとっていました。
通常版ではWi-Fiメニューがあるはずの場所にはいしんというメニューがあり、通信対戦に接続する要領で体験版を他のDSにばらまけました。
細山田P曰く「DSカードが高いんですよお」だそうです。
とても貴重で珍しい機能を持ってるけど全然使い道がない一品です。